晴れれば逆光の十二兼で34号機を出迎える
すぐ先で保線工事が行われていて
再びロクヨンのホイッスルが響いた