モノクロの谷を貫くロクヨンはブロワー音も控えめに