軽くホイッスルを鳴らし 我々の横を通過しながら手を振る機関士さん
太陽には恵まれなかったが 忘れられない嬉しいひとときだった