繰り返し太陽を覆う雲にヤキモキ
なんとか薄日が入ったところで踏切が鳴る