山深い木曽路をぐねぐねゆっくり…
ススキの散歩道を行く1000番台はすっかり西線に馴染んでいます