白い蕎麦の花畑を貫いて
朝日をたっぷり浴びながら木曽路を駆ける