« 晩夏稲穂の立場川 | トップページ | 晩秋、再会、木曽の路 »

2017年9月16日 (土)

山間に響くは国鉄型のモーター音だけでいい

のどかな山間に鳴り響く不気味なアラート。いつもと変わらぬ1日の始まりを突然切り裂きました。いったいお隣の国はどこへ向かおうとしているのか…。
そんな昨日はあさま色189の平日仕事を伺いに坂北へ。しばらく抑止が掛かりだいぶ待ちましたが、通勤途中の皆さんは大変な思いをされたことでしょう。私はご一緒の皆さんとの会話で楽しいひとときとなりました。太陽もタイミング良く出てきてくれました。
170915_img_2287_blg_2170915_img_2355_blg_2見送る人に見送られる人。色々な人の様々な想いを乗せて、ASAMAロゴも誇らしげに黙々と走る緑の189。我が故郷へ向かう最後のあさまを上野駅16番線で見送ってから早20年。編成は短くなっても、こうして元気に活躍する姿が身近にあるのは本当に嬉しいことです。原点を思い出させてくれる緑の189、どうか末永い活躍を。

|

« 晩夏稲穂の立場川 | トップページ | 晩秋、再会、木曽の路 »

●篠ノ井・信越・飯山線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山間に響くは国鉄型のモーター音だけでいい:

« 晩夏稲穂の立場川 | トップページ | 晩秋、再会、木曽の路 »