« 雪の朝の信越国境 | トップページ | 再会 »

2012年12月 8日 (土)

雪を待つ木曽路

久しぶりに訪れた先日の木曽路です。霜柱の畑に現れたのはミックスペアの6883レ。すっきり晴れた寒い朝でした。

Img_0429_blgImg_0439_blgしかし鳥居峠を戻ると徐々に雲が拡がり始め、ススキの鉄橋は薄日が差すのみ。3084レも太陽の下で撮ろうと福島以北を諦め糸瀬の定番カーブで待ちます。しかしここにも雲が押し寄せ始め…通過寸前にナントカ陽が入りました。

Img_8892_blgImg_0445_blg

Img_0457_blg

雲との追いかけっこももはやここまで。晴れれば素晴らしい色を見せてくれる木曽川もご覧の通り。81レは奇跡の太陽を期待してインター裏へ。お久しぶりにお会いする方も到着して雲も切れて陽が入りました。が…無情にも大きな雲の塊に覆われる中、原色先頭のミックスペアがやってきました。

Img_8898_blgImg_0468_blgともあれ久しぶりの木曽路。まったり楽しく撮影できました。

|

« 雪の朝の信越国境 | トップページ | 再会 »

★西線系ロクヨン貨物_2012」カテゴリの記事

コメント

来てたんですね。
名古屋から情報を送ればよかったですね。

次回は何時を予定していますか?
(来月3日、木島平宿泊で行く予定をしています。)

投稿: フジトモ | 2012年12月 9日 (日) 18時37分

>フジトモさん
平日でしたので連絡せずに出撃しておりました。年内は行ければ行きたいですがちょっと厳しそうで、来月4日くらいかなと思います。
連絡しますのでぜひご一緒しましょう!

投稿: 大屋機関区 | 2012年12月 9日 (日) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪を待つ木曽路:

« 雪の朝の信越国境 | トップページ | 再会 »