« 始まりはいつも…(10/27石北臨貨その①) | トップページ | 冬の使者 紅葉の木曽路に現る »

2009年11月 6日 (金)

太陽!(10/28石北臨貨その②)

Img_7087_dpp Img_6588_dpp 生田原のホテルを出たのが午前4時半、上白滝で夜明けを迎えました。今日は関西からお越しの方と8071レを待ちます。ホイッスルを鳴らして8071レ登場☆後部補機が昨日より目立つ構図で石北臨貨2日目のスタートです。

台風一過!上白滝の薄日は徐々に強さを増し、瀬戸瀬では眩しい太陽が姿を現しました。

Img_7101_dpp 遠軽以遠は安国進入カーブ。ここも昨日の反省を生かして深い位置まで見通せる場所に立ちます。手前の植物が邪魔ですが…後部補機まで入れてこそ石北臨貨!

昨日から撮影の合間にロケハンを続けていますが、有名ポイント以外にはなかなか綺麗に編成が入るポイントはないものです。未電化の長編成ですから、編成の長さを読むのもとても難しい。。

そんな中でもS字の線形を生かして後部補機が目立ち、かつお手軽に撮れるポイントというと…8073レは昨日に続いての白滝発祥。

Img_6598_dpp Img_7107_dpp 今日は地元の年配の方と2名。この方はたくさんの写真をお持ちで、拝見しながらゆっくりスタンバイ。望遠レンズのサブ機は後部補機をS字に残して。。

さて、いよいよ天気予報通りに青空が拡がってきました。向かうは…常紋!146KPに到着すると、上白滝でご一緒した関西の方がいらっしゃいました。8073レの遠軽停車は77分間。ラジオと鈴で熊除けしながらゆっくりじっくり時を待ちます。

Img_6630_dpp Img_7129_dpp どこまでも高い道東の青空。静かに陽を浴びる常紋の木々。地形に逆らわずくねくねと峠を目指す鉄路。林道の踏切の音が聞こえ、ゆっくりゆっくり重厚なサウンドが近付いてくる。後部補機と力を合わせ、一歩一歩確かめるように山を登る石北臨貨のハイライト!

ここはより光線のいい8071レでの再挑戦を誓い、気持ちのいい白樺並木を抜け常紋を後にしました。

Img_7132_dpp Img_7134_dpp Img_7141_dpp 青空に道東の風景が映える。ゆったり過ごして8075レは3度目の安国進入へ。朝の結果をもとにもうちょっと後部補機を目立たせてみました。

Img_6660_dpp 本日最後は生野ストレート。緑のじゅうたんを行く8072レ…ですが夕暮れが半分迫ってきてしまいました。

続いて安国で22分停車した8075レの再登場を待ちますが、完全に線路まで日没…だめでした。。しかし振り向きで…

Img_6665_dpp ギラった!!念のため(目視でですが)三脚の水平を出しておいて良かった!!大満足の1枚で本日終了。さて、旅の前半でたまった洗濯をしに北見まで足を延ばします。何気にダイヤグラムを眺めると…留辺蘂停車の先で十分間に合う時間。というわけで夕暮れ空を主役に本日の締めを。

Img_7148_dpp Img_6679_dpp

|

« 始まりはいつも…(10/27石北臨貨その①) | トップページ | 冬の使者 紅葉の木曽路に現る »

●石北臨貨」カテゴリの記事

コメント

ギラった!!

素晴らしい!!
最高ですね。

投稿: フジトモ | 2009年11月 6日 (金) 23時38分

>フジトモさん
はい!想定外のギラリでした☆
最高でした!

明日は伊奈川でお会いしましょう!!かな?

投稿: 大屋機関区 | 2009年11月 7日 (土) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽!(10/28石北臨貨その②):

« 始まりはいつも…(10/27石北臨貨その①) | トップページ | 冬の使者 紅葉の木曽路に現る »