2018年1月 5日 (金)

2018初木曽路

雲多い天気でしたが時折太陽が姿を現しました。そんな今日は上諏訪さんと2018年の撮り初めです。
180105_img_2404_blg180105_img_2409_blg前走のしなのはカーブで車体を傾けた車体がストレートで立ち上がる様が見事。6883は緑タキばかりでしたが堂々の18両編成。寒い冬の信州へ命の石油を運びます。
180105_img_2420_blg180105_img_2422_blg_28084は増々不安定な太陽の下。関所は急激に光線が復活して露出が間に合わず。奈良井看板は終始曇りでした。
何はともあれ、上諏訪さんと木曽路でまったり2018年のスタートが切れました。今年も「晴れ、ときどき、ほんのときどき鉄」な感じでまったり撮影できればと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

冬の使者

遥か6000km離れた南の島への出張から帰国しました。南の島は乾期から雨季へと季節を変え、その間に日本は初秋から初冬へと季節を変えました。
170919_img_2395_blg_2171117_img_2401_blg_2 出国前の篠ノ井線で原点の189。帰国後はすっかり冬光線の木曽路で冬の使者。寒くなった信州に命の石油を運ぶ6883です。…JRFマークのない1000番台とも初対面。アクセントが無くなってちょっと違和感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

晩秋、再会、木曽の路

篠ノ井線の後は南へ。
170915_img_2368_blg170915_img_2374_blg170915_img_2383_blg お久しぶりに上諏訪さんとご一緒します。安定した太陽の下、8084レとともに木曽を行きます。 片側交互通行が多くてほぼ並走状態でしたが、無理なく3枚で戦線離脱。その後は恵那ロクさんと久しぶりの再会を果たし、毎週末のように木曽路へ通っていた頃を3人で懐かしみました。単機牽引になってしまった81レを追いかけるよりも充実した時間が流れました。月日は流れ、それぞれの境遇も変化し、熱く追いかけていた列車や機関車も姿を消し、まだまだと思っていたキハ85やE351にまで置き換えの波がやって来る。線路際に立つ機会は減っても、こうして時々再会できる日を大切にしたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«山間に響くは国鉄型のモーター音だけでいい